話題のビアンコロール、いつ飲むといちばん効果が出る?

 

 

ついに手に入れてしまった、話題沸騰のビアンコロール。

 

何度ダイエットしても結局はリバウンド、
しかもそのたびに元の体重より増えてる?!

 

ということを繰り返してきた人にとって、
救世主的な存在だといわれています。

 

でも、これって、いつ飲むのでしょうか?

 

ビアンコロールの説明には、

 

「一日あたり1〜2粒を水かぬるま湯とともに服用してください」

 

みたないことが書いてあるだけで、
「いつ飲むのか」とう肝心なことは、ひと言もありません。

 

つまり、ビアンコロールというのは、

 

そもそも「いつ飲むのが効果的か」

 

なんてことは関係ないってことでしょうか?

 

 

心配なので口コミをチェックしてみると、
けっこう適当(といったら申し訳ないのですが)みたいですね。

 

なんだか、みなさん、
自分の都合で飲んでいるみたいな様子。

 

 

中には、やっぱり「いつ飲むのがいいですか?」

 

 

みたいなことを書いている人もいますが、調べてみると、
飲む時間によって効果が変わってしまうというようなこともないようです。

 

 

とりあえずは自分の都合で、いつ飲むか決めていいみたいですね!

 

 

 

「いつ飲む?」よりも「飲み過ぎないように」が大切!

 

それにしても、一日あたり1〜2粒というのはビックリです。
そんなに少なくていいのでしょうか?

 

これで本当に激やせレベルな効果があるのでしょうか。

 

 

実に疑わしいところです・・・

 

でも、公式サイトを見ると、
いつ飲むかということには触れていませんが、
飲む分量については、けっこう厳しく注意されています。

 

 

危険なレベルにまで体重が激減する
可能性があるから絶対やめるように、くらいの強い調子です。

 

 

もともとビアンコロールは、
粉末状で商品化されていたみたいですね。

 

でも、その際、粉末だからといって
大量に摂取してしまった人が激やせしてしまい、
販売中止という英断に出た過去があったのだとか。

 

 

つまり、今、出回っているビアンコロールは
安全性が確立されてから再販されたものらしいです。

 

 

となると、安全なのは良いけど、
減量効果も生ぬるくなってるのでは?

 

 

なんて思ってしまいますが、
そこは従来通り、かなりの効果を期待できるみたいです。

 

 

ただ、だからこそ間違っても
一度に大量に飲むようなことをやめてくれと厳しく注意喚起しているのですね。

 

 

ビアンコロールに限らず、
何にせ大量摂取はよくないですね。

 

 

ビアンコロールを使って、
もう二度とリバウンドしないダイエットに挑戦するのであれば、

 

「いつ飲むか」

 

ではなくて、

 

「飲み過ぎないように気をつける」

 

のが大事みたいです。

 

 

 

>>ビアンコロールをほどほどに飲んでみる!