悪質、副作用があるという口コミは真実?それらの噂の真相は!?

 

 

・ビアンコロールには実は深刻な副作用がある。

 

・買った人しかわからないけれど、けっこう悪質だ。

 

 

脅威のダイエットサプリメントとして
話題となったビアンコロールですが、このような評判がちらほら見えます。

 

 

「悪質だ」「実は副作用がある」

 

という意見は、どこに原因があるのでしょうか?

 

真実なのかどうか、気になるところですね。

 

 

そこで公式サイトを始め、
ネット上でどんなことが書かれているのか調べてみることにしました。

 

 

 

 

悪質、副作用があるとされる背景には過去の事件も…

 

まず、驚いたのは公式サイトです。

 

これ、大丈夫?というのが最初に見たときの印象です。

 

今販売されているビアンコロールは、
安全性が確立されてから再販となったもの。

 

その前は粉末状で販売されていて、
大量に飲んだ人が急激に痩せてしまい問題になったようです。

 

 

ドクターストップがかかったというくらいですから、
相当な激減だったのでしょうね。

 

 

それで急遽、販売を中止して、
安全性を確立してから再販に至ったとのこと。

 

 

その激やせぶりを副作用だったと受け止める人が、
もしかしたらいるかもしれないですね。

 

それに、そこまでのものを商品化すること
そのものが悪質だと思う人がいても不思議はありません。

 

 

また、ビアンコロールの主成分はホワイトキドニービーン、
つまり、白インゲン豆です。

 

 

白インゲン豆といえば、2006年に中毒事件がありました。

 

 

テレビで紹介された白インゲン豆を使ったダイエット方法を実行した人が、
下痢や嘔吐といった症状を起こしてしまったのです。

 

この場合、問題は加熱不十分にあり、
白インゲン豆の副作用などではありません。

 

 

とはいえ、イメージだけが一人歩きして、
副作用だったと勘違いされていることもありそうです。

 

そんな副作用のある白インゲン豆を使って
サプリを作るなんて悪質だ、といったところでしょうか?

 

 

いろんな情報が錯綜しているように見えますが、
整理してみるとこういうことのようです。

 

 

まず、再販する前のビアンコロールには
安全面が不十分といわれても仕方ないところがあり、

 

販売中止をしたうえで安全面についての
徹底改良をして再販に至ったが、謝罪した過去は悪質・副作用では?

 

 

という印象をあたえてしまう。

 

 

白インゲン豆の中毒事件が
ビアンコロールの印象を悪くして、悪質ではないか?

 

 

副作用があるのでは?と思われてしまう。

 

どうもこういうことのようですね。

 

 

こうしたサプリに関する感想は、あくまでも個人のものです。

 

真実かどうかは調べてから冷静に自分で判断したいですね。

 

 

>>真相をビアンコロール公式で確認してみる!